M&A事例

譲渡企業(Y社):ガス事業
譲受企業(X社):ガス事業
mmap立ち位置:合併手続
取引内容:吸収分割
【事例紹介】
株主Aが亡くなり、対象会社Yの事業の縮小を決断され、相続の手続きの相談をしていた地元の税理士事務所へ相談したところ、当社をご紹介いただきました。同業で同じ地域にあるX社が興味を持ち、交渉を開始しました。当初は、事業譲渡を予定していましたが、ガスに関する資格取得の手続きが煩雑な事もあり、吸収分割のスキームへ変更、ご相談頂いてから3ヶ月で吸収分割の手続きは完了しました。
着手から成立までの期間:3ヶ月
譲渡企業(Y社): 心療内科クリニック
譲受企業(X社): 同業独立医師
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
親の介護のため帰郷が必要となり、一時閉院を考えましたが、年間の延べ来院患者が1万人あり、患者のことを考え事業譲渡を決意されました。譲渡側の取引業者から独立希望のドクター情報がありM&Aを進める事となりました。譲受側として、休診することなく引き継げ、患者離れの懸念が低い事がメリットになりました。今回は譲受候補が出てからM&Aを進めたことから、トップ面談後約1ヶ月という短期間にてクロージングとなりました。
着手から成立までの期間:2ヶ月
譲渡企業(Y社):クリーニング業
譲受企業(X社):クリーニング業
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
近年のクリーニング市場の動向、業界構造の変化から、社長は50代でのご引退をご決断されました。銀行等からもM&Aのご提案を受けておられましたが、長年顧問をしていただいた信頼できる顧問税理士からのご紹介ということで、当社へお預かりいただきました。譲受側は以前から切望されていた東京進出を目的に譲受けられました。日頃から資料を綺麗に整理されていたこと、譲渡後でも経営管理以外の部分は事業継続できる組織を創られていたことが功を奏してお話はスムーズに進みました。しかしながら、クリーニング業はその事業特性上土壌汚染の問題を避けては通れないこともあり、そちらが論点となりましたが、譲渡側、譲受側ともに真摯なご対応をいただき無事に解決しM&Aが成立しました。
着手から成立までの期間:11ヶ月
譲渡企業(Y社):人材派遣業
譲受企業(X社):人材派遣業
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
社長は後継者不在、自社の事業拡大のため、第三者への譲渡をご検討されていました。対象会社は業績・経営状態共にとても良い状況でしたが、社長は時代の流れの速さと今後の市場動向から資本力のある企業の仲間になることによって、事業がよりスピディーに拡大し従業員の幸せにも繋がると判断されました。いくつかのM&A会社のセミナーに参加した後、顧問税理士を通じて当社にご相談をいただきました。譲受側は東北地方の事業拡大を目的に譲受けられました。業績・経営状態が良く、需要が高い業種であることから5ヵ月でご成約をいただいております。社長が従業員を信頼し大切にしてきたこと、従業員も社長を信頼していたことが業績向上に繋がっていることをとても感じた企業でした。譲受側もこの素晴らしい文化を維持し、対象会社の発展を誓った理想的な事業承継でした。
着手から成立までの期間:5ヶ月
譲渡企業(Y社):美容室
譲受企業(X社):美容室
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
社長が独立する際にお客様だった株主Aに出資の相談をしたのがきっかけで会社を設立。 大阪市内で美容室を開業(1店舗2フロアー)。株主Aと社長が経営の事で仲違いしてしまい株主Aが第三者へ株の譲渡を決断しご相談をいただきました。広島で数店舗の事業展開をしている美容室Xを広島の金融機関よりご紹介頂きました。数年前より、県外(特に関西)へ事業展開を考えていた事もあり、トップ面談後約4ヶ月でクロージングとなりました。株主貸付の半分を回収したいと言われておりましたが、希望金額よりも多く回収が出来喜んで頂きました(残りは債権放棄)。
着手から成立までの期間:6ヶ月
譲渡企業(Y社):浄化槽保守点検
譲受企業(X社):浄化槽保守点検
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
社長はご自身のご年齢からご引退を検討されていました。顧問税理士は、以前から、精算するよりも第三者へ譲渡をした方が会社を存続することが出来て、従業員や取引先にも迷惑が掛からないというアドバイスをされておりました。それが背中を押すかたちとなり、顧問税理士を通じて当社にご相談をいただきました。四国の同業者が東京進出を目的に譲受けられました。お預かりして4ヵ月でのご成約です。保守点検業という安定的に収益を稼げるビジネスモデルが評価されて、営業権も多めに見ていただいております。また、オーナー所有の土地からの本社移転も要望としてあり、こちらも無事に移転が完了しました。譲渡側の意向を全面的に酌んでくださった譲受側の器の大きさを感じた事案でした。
着手から成立までの期間:4ヶ月
譲渡企業(Y社):米菓卸売・小売
譲受企業(X社):紙類卸売業
mmap立ち位置:譲受側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
X社は老舗の紙製品卸売業を営んでましたが、昨今の環境の変化を考え異業種への参入も検討されていました。Y社地元老舗の米菓卸売(大手量販店への)事業譲渡の紹介を受け検討を開始しました。事業引継後すぐに売上・利益に効果が出ること、地元老舗のブランド名も引き継ぐことができ営業展開次第で発展させることが出来ると判断され、成立に至りました。
着手から成立までの期間:3ヶ月
譲渡企業(Y社):介護
譲受企業(X社):介護
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
オーナーは、九州北部に住んでおり事業を展開。10数年前に知人を介して一緒に始めた関東の介護施設の管理運営が年齢と共に難しくなってきたため譲渡を決意され、顧問税理士を通じてご相談をいただきました。対象会社施設の近くで数十施設を事業展開されている同業者XをA金融機関よりご紹介したところ、同業で地域密着型で展開している譲受先だったこともあり、トップ面談後約3ヶ月でクロージングとなりました。代表者貸付も全額回収が出来、喜んで頂きました。
着手から成立までの期間:1年1ヶ月
譲渡企業(Y社):調剤薬局
譲受企業(X社):調剤薬局
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
社長(68歳)にガンが見つかったため、薬剤師1名を正社員として雇用し治療しながら仕事をしていましたが、治療に専念するために売却を決意されました。早期発見ということもあり、摘出後の経過は順調であったため、譲渡後も勤務時間を減らし薬剤師として継続勤務を希望されていました。意向を十分考慮しながら進めていった結果、希望の条件で譲り受けていただける先が見つかり、トップ面談後約1ヶ月という短期間で双方が納得いく形でクロージングすることが出来ました。
着手から成立までの期間:6ヶ月
譲渡企業(Y社):卸販売業
譲受企業(X社):卸販売業
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
ご子息が従業員として勤務されていましたが、自身で経営をするご意思はなく、社長を含め経営陣が高齢となったため、譲渡をご決断されました。地元の金融機関を介し、同業X社とトップ面談を実施、譲渡側Y社の創業者が独立前に働いていたこともあり、X社に譲渡を決断されました。経理処理を手書き伝票・出納帳で行っていた事もあり、監査および株券や定款を探し出すのにかなりの時間を要しましたが、交渉から6ヶ月で無事調印となりました。非常に難易度の高いご相談案件でしたが、無事調印が出来たこと、スムーズな引継ぎが行えたことを喜んで頂きました。
着手から成立までの期間:6ヶ月
譲渡企業(Y社):イタリアンレストラン
譲受企業(X社):学習塾・予備校の経営他
mmap立ち位置:譲受側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
他社アドバイザーより、本社が関東にあり、大阪に1店舗離れて経営しているイタリアンレストランの事業譲渡のご相談がありました。X社は、新たな事業として飲食業に関心を持っていた中、自身が運営する塾・予備校の近くの立地と、イタリアンレストランという業態がニーズに合致し、紹介後1か月という短期間で成立しました。
着手から成立までの期間:1ヶ月
譲渡企業(Y社):温泉旅館
譲受企業(X社):個人投資家
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y社社長は国内でも温泉地として有名な立地にあり著名人も数多く訪れる隠れ家的な旅館を経営していましたが、高齢、後継者不在のため会社売却を決断されました。X社は海外の個人投資家で、日本国内の不動産、事業への投資を積極的に行ってました。旅行会社を通じて、海外の富裕層を取り込むことで勝算があると判断しFAを介して条件交渉、合意に至りました。Y社社長は既に新規事業も手掛けており、これを機に専念できると喜ばれています。
着手から成立までの期間:1年
譲渡企業(Y社):特殊塗料製造・卸業
譲受企業(X社):印刷業
mmap立ち位置:譲受側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
X社は大手企業へのOEM製品の安定供給がメインでしたが、昨今の環境の変化をチャンスと捉え、自社ブランドの展開も視野に入れ、同業種で技術力のある企業との提携を模索していた中、60年以上の社歴をもち技術力に定評があるが単独での展開に限界を感じていたY社の紹介を受け、検討を開始しました。Y社の多額の負債とグループ会社同士の株式の持ち合い等、かなり難航しましたが、印刷の原料となる塗料部門の内製化が図れることや取引先の拡大が見込めるとのことから株式譲渡が成立しました。尚、両社の営業エリアが非常に近かった点も、短期間で契約が成立した要因です。
着手から成立までの期間:3ヶ月
譲渡企業(Y社):介護施設
譲受企業(X社):介護施設複数運営
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y社オーナーは、高齢、健康不安のため譲渡を決断されました。対象施設は某病院内会議室等を改装して施設経営を行っていたため、契約更新時の現状回復費用のリスク等あり、病院側及び譲受先との交渉に時間を要しました。譲受先は同じエリア内で複数介護施設を経営しており、今後、他施設との連携を含めて体制強化、サービス向上が図れると判断し、本施設の受け入れを決断されました。
着手から成立までの期間:12ヶ月
譲渡企業(Y社):車両エンジンリサイクル事業
譲受企業(X社):エクステリア事業
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
Y社社長の体調不良(病気)と体力の限界をきっかけに、後継者不在も手伝って主事業の終了を検討していたところ、顧問税理士が収益力のある事業であるため譲渡を勧めました。Y社には主事業とは他に賃貸収入・太陽光発電収入があり、それは残したいと希望されていたため主事業のみの事業譲渡となりました。最終的にエクステリア事業X社の社長が収益力のあるY社の事業に魅力を感じ事業譲渡が成立しました。
着手から成立までの期間:5ヶ月
譲渡企業(Y社):運送業
譲受企業(X社):中古トラック買取、販売、他
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y社は創業40年を超える運送会社で、社長、奥様(経理担当)、ご子息(専務、営業担当)で経営してきましたが、社長、奥様ともに高齢となり、またご子息も経営者として会社を継ぐ意思がなかったことから、情報交換先を通じて、Y社の紹介を受け、交渉を開始しました。X社社長より、早々にトップ面談の申し出があり、X社社長の誠実な人柄に、社長、奥様も好印象を持たれ、条件合意に至りました。尚、社長、奥様は退任されましたがご子息は執行役員として引き続きご活躍されております。
着手から成立までの期間:3ヶ月
譲渡企業(Y社):日本料理店
譲受企業(X社):専門業者
mmap立ち位置:紹介
取引内容:居抜き
【事例紹介】
当初M&A案件としてお預かりしましたが、推進中に料理長が退職したため、M&A案件として推進出来なくなっていました。Y社オーナーの希望に従い、当社ネットワークにて居抜き業者を2社紹介し、2か月で無事に成立しました。
着手から成立までの期間:5ヶ月
譲渡企業(Y社):不動産管理
譲受企業(X社):ファシリティーマネジメント
mmap立ち位置:譲受側スポット
取引内容:企業価値算定
【事例紹介】
譲受企業から、入札案件に伴う企業価値算定及び意向表明書のアドバイスのご依頼をいただきました。1次選考を通過しました。
譲渡企業(Y社):ゴルフ卸売
譲受企業(X社):各種OA機器の販売
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y社は、社長、奥様、娘さん、従業員1名と小規模ながらオリジナルゴルフクラブなど顧客が根強くついており無借金経営を継続していましたが、社長高齢のため会社売却を決断しました。ゴルフ分野に進出したい異業種のX社が名乗りを上げ、検討開始から2か月のスピード交渉で株式譲渡が成立しました。なお、X社の算定価格はY社希望価格より低いものでありましたが、当社アドバイザーの粘り強い交渉により希望価格を堅守できました。
着手から成立までの期間:6ヶ月
譲渡企業(Y社):ミドルウェア販売・保守
譲受企業(X社):印刷業
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:顧問契約
【事例紹介】
Y社は大手ITベンダ、公的機関、金融機関、学校法人を顧客に持ち、品質評価が高く技術者の対応力も高い会社ですが、社長が高齢で体力の衰えを感じていました。また技術者志向のため若手経営者への引継ぎを希望していましたが、Y社リソースでは引継ぎが望めないため、当社に相談を頂きました。譲受ニーズを持っていた印刷業X社若手経営者に相談したところ、将来的な株式取得を視野に入れた業務提携を行うことで一旦は決着し、当社と顧問契約を締結しました。
着手から成立までの期間:6ヶ月
譲渡企業(Y社):各種OA機器の保守・メンテナンス
譲受企業(X社):各種OA機器の販売
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y社社長は体調不良と後継者不在、また業績低迷のため会社売却を決断されました。ここ3年は営業赤字が続いており、お相手が見つからなければ清算も視野に入れていました。X社社長はM&Aに積極的で案件探しを行っており、東京進出の希望と事業分野が合致し、まずは33%の株式を取得することで、シナジー効果を測定、3か月後若干ながら業績回復の兆しが確認されシナジーが見込まれると判断し、残り株式も取得する予定に。今回の株式譲渡を通じ、Y社社員に危機感が生まれ業績改善に対する意識が高まりました。
着手から成立までの期間:5ヶ月
譲渡企業(Y社):1店舗のみ経営調剤薬局
譲受企業(X社):複数店舗チェーン調剤薬局
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:株式譲渡
【事例紹介】
Y薬局社長兼管理薬剤師(子)が52%の株式を保有。残り48%を父親が保有。薬局経営に疲弊したという理由で社長が知り合いに安価で在庫売却及び会社解散を内密に計画していたところ、計画を知った父親は適正価格で株式譲渡を行い、長年掲げてきた屋号も残すことを希望されました。結果、親子間の争いとなりお互い弁護士を立てて協議となりました。長期戦の可能性もありましたが、チェーン薬局オーナーX社社長が適正な価格にて株式譲渡を提案し、Y社長が納得。まずは52%の株式譲渡が成立、残り48%の株式も1週間で話し合いが完了し100%の株式譲渡が成立しました。
着手から成立までの期間:4ヶ月
譲渡企業(Y社):炭火焼居酒屋
譲受企業(X社):FCチェーン
mmap立ち位置:譲渡側FA
取引内容:事業譲渡
【事例紹介】
Y社社長は居酒屋を3店舗経営していましたが、うち1店舗については遠隔地にて管理がしにくいという理由により、売却を決断されました。X社は東京都内での飲食事業(新規事業)を考えていたため、1店舗の事業譲渡となりました。
着手から成立までの期間:1ケ月
mmapについて
mmapは、経営情報サービスを提供するミロク情報サービスの子会社として設立しました。全国約8,400の会計事務所様にご支援いただき、M&Aの手法を用いた事業承継・事業再生を支援します。
お問い合わせは
こちらから

03-5324-0231

受付時間平日 9:00〜17:30

セミナー情報
PAGETOP
Copyright © MJS M&A Partners CO., LTD. All Rights Reserved.